自動車保険どこがいい

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

自動車保険はどこがいいの?

〇自動車保険はどこがいいの?そんな悩みを持っていませんか?

最近ではテレビCM等で多くの自動車保険会社が

保険料の安さをアピールしていますよね。
ですが!安さだけで選んでしまうと、
イザというときに補償されない!
なんてことも少なくありません!

 

どうして補償されない事態が起こってしまうのか?
それは、自分に合った補償内容で契約していなことが
原因のほとんどなんです!

 

単純に保険料が安いからと契約するのは大変危険な行為です!
自動車保険会社はどこがいいの?なんて考える前に補償内容をしっかり確認することが大切なんです。
実際に事故の当事者になってしまうと、あなたの人生を大きく左右してしまうかもしれません。

 

自分にあった自動車保険を簡単見積もり!自動車保険 見積もり

自動車保険の補償内容とは?

〇自動車保険なんてどこも一緒でしょう!それなら
  保険料が安い方がいい!

 

だれでもそう思う事でしょう。実際に補償内容にたいして違いはありません。
それぞれ補償内容としてはほぼ一緒なんです。

 

ですが、保険料を安くアピールするために補償内容を引き下げて
見積りされていることが多いのです!

 

自分に必要な補償を確認するために、補償内容をしっかり把握することが
大切です。自動車保険の補償項目で基本的なものを紹介しましょう。

 

 

フルカバーでも自分の保険より安くなる!?自動車保険 見積もり

 

 

事故相手に対する主な補償

〇対人賠償保険
  事故相手(人)に対して補償する保険です。通常、人をお金の価値に当てはめる事はできません。
  ですから、ここは一般的に保険金額:<無制限>の設定が妥当と言われています。
〇対物賠償保険
  事故相手(物・財物)に対する補償です。一般的に事故相手の車両の補償と考えがちですが、
  電車や商業施設などに対する事故だと数億円の賠償責任を負う事になる事も少なくありません。
  そんな事から、対物賠償保険の保険金額も<無制限>をオススメします。

事故の時の自分に対する主な補償

〇人身傷害保険・搭乗者傷害保険
  事故の際に、自分や同乗者の怪我などに対する補償です。細かい保険金額の設定が可能ですが、
  もしもの時の備えなので十分な保険金額の設定をオススメします。
〇車両保険
  事故の際の自身の車両の損害に対する補償です。自分の車の価値に見合った保険金額を設定します。
  通常、一般保証と限定補償とがあり、補償内容に違いが出てきます。契約の際にしっかり確認しましょう。

 

※上記以外の補償や特約などもありますので左記メニューからご覧ください。

 

あなたの保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり


自動車保険は「ダイレクト系(通販)」と「一般的な自動車保険」とどこがいいの?

〇「ダイレクト系」と「一般的な自動車保険」の違いは?

 

最近テレビでダイレクト系(通販)自動車保険のCMを目にする
ことが多くなりました。ダイレクト系(通販)自動車保険とは、
代理店が無く、ネット上などで直接保険会社と契約するものです。
「アクサダイレクト(AXA)」や「チューリッヒ(ZURICH)」、
「ソニー損保」などがそれにあたります。

 

一般的な自動車保険では「損保ジャパン」や「三井住友海上」、
「あいおいニッセイ同和」等があり、保険契約は各保険会社の
商品を取り扱う代理店と手続します。自動車共済では「農協の自動車共済」、「全労済」などがありますね。

 

一般的にダイレクト系(通販型)自動車保険のイメージは、保険料は安いけど代理店担当者が
いないので手続きや相談はすべてコールセンターオペレーターと電話口でのやり取りとなる。
一般的な自動車保険会社は、ダイレクト系(通販型)よりも保険料が少し高めだが、代理店担当者と
対面で手続き、相談できる為、安心感がある。それぞれの特徴を考えて選ぶようにしましょう。

 

※「ダイレクト系(通販)」と「一般的な自動車保険」のメリットとデメリットは左記メニューからご覧ください。


インズウェブ自動車保険一括見積もり


あなたの保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり