自動車保険を使っていないのに保険料が上がった

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

事故もなく自動車保険を使っていないのに保険料が上がった!高くなった!

〇無事故なら年々安くなるんじゃないの?
あなたは事故もなく保険も使用していない優良ドライバーなのに!
次年度の自動車保険料の見積もり額が高くなっている!
(上がっている)そんな状況になっていませんか?

 

一般的に、自動車保険の契約期間中に無事故で保険を使用しな
ければ1年ごとに等級が上がっていき割引率も拡大していきます。
そんな状況で、保険料が高くなる原因について考えてみましょう。

 

保険料が高く上がってしまう原因はいくつかあります。

新車割引が適用されなくなった!

・新車割引には適用期間があり、車を購入してから一定期間経過すると割引が適用されなくなります。

エコカー割引の適用期限が切れて保険料が上がった!

・ハイブリットカー(プリウス・アクア・フィット・インサイト等)や、
 プラグインハイブリット車(プリウスPHV・アウトランダーPHEV等)、
 また、日産リーフなどのエコカーが対象のエコカー割引にも適用期間があり、
 初年度登録から数年間(数十か月)が割引の対象です。

車を買い替えた為、保険料が高くなった?

・車種ごとに型式というものがあり(同じ車でもグレードによって違う事もある)、ほとんどの保険会社
 では型式別料率クラスで保険料率を設定している。事故の多い型式の車の保険料を比較的
 高めに設定している。ですので、比較的、事故の多い型式の車に買い替えてしまうと保険料が
 上がってしまう(高くなる)可能性があります。また、新車に買い替えたことで、これまでセットして
 いなかった「車両保険」を付け加えたことで保険料が跳ね上がることが多いのです。

年齢条件や運転者範囲の変更で自動車保険料が上がった!高くなった

・契約期間中に子供が免許を取得し、子供を補償範囲に加えた場合など、
 次年度保険料はもちろん高く上がってしまうでしょう。

保険会社の保険料率の改定があり高くなった!

・保険会社は保険料率の改定を行う事があります。契約期間中の保険料には影響は出ないことが
 殆どですが、次の契約に影響が出てきます。近年の保険料率改定では、一般的に事故率が高いと
 される若年層と年配層の保険料が高く上がっているように思われます。
 また、事故で保険を使用した方の保険料は以前よりも大幅に高く上がる傾向にあります。

 

上記はほんの一例ですが、事故が無くても保険料が上がってしまう事はあると言えるでしょう。
もしも、あなたの保険料が上がってしまう!高くなる!というのであれば、
他の保険会社でも保険料の見積もりをとって比較されてはいかがでしょう。
保険会社によっては年間数万円安くなる場合もありますよ!


インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク