「ダイレクト系(ネット通販)」と「一般的な自動車保険」どこがいい?

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

「ダイレクト系(ネット通販型)」と「一般的な自動車保険」どこがいい?

ダイレクト系(ネット通販型)自動車保険のメリットとデメリット

〇ダイレクト自動車保険のメリットと言えば保険料の安さでしょう。

テレビCMを見ても保険料のアピールが多いですよね。代理店を
持たない分、物件費や人件費がかからないので保険料に反映できます。

 

また、代理店を持たない分、対面での対応がないのでコールセンターの
スタッフがよく鍛えられていて、電話の応対は評判がよいようです。

 

〇ダイレクト系(通販型)自動車保険のデメリット
一番のデメリットは代理店が無い。担当者と対面で相談したりすることが
出来ない事でしょう。例えば、いざ自動車保険に加入しようと思っても
契約書の記入方法がわかりづらい、わかりやすく教えてほしいと
思っても、契約書を手元に置いてコールセンタースタッフと電話越しに相談しないといけません。

 

また、契約期間中に子供が免許を取得したので子供を補償対象にするために契約内容の
変更手続きをする際も、すべて電話越しにオペレーターとやり取りすることになります。

 

そんな事から、ダイレクト系(通販型)の自動車保険から
一般の自動車保険会社に戻ってくる方もかなり多くいらっしゃいます。

 

 

あなたの保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

 

 

一般的な自動車保険のメリットとデメリット

〇一般的な自動車保険のメリットと言えば担当者と対面で相談できる事!
代理店担当者と細かくやり取りできるので、書類の記入方法がわかりづらくても、
契約内容の変更手続きでも、その都度、対面で直に相談することが可能です。

 

特にご年配の方は代理店担当者がいた方がなにかと心強いでしょう。
実際に事故に遭うと不安で心細くなるものですが、代理店担当者が
いる事ですぐに相談でき、安心感があります。

 

〇一般的な自動車保険のデメリット!
やはりダイレクト系(通販型)自動車保険とくらべて保険料が若干割高感があります。
コールセンターオペレーターも若干弱い印象を受けます。

 

自動車保険はもしもの時の備えです。自動車事故で人生が左右される事も少なくありません。 それぞれの保険会社の特徴を理解して自分に合った自動車保険を選びましょう。

インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク