子供の自動車保険料を安くする方法

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

子供の自動車保険料を安くする方法 〜 子供の自動車保険料が異常に高い!

〇子供の自動車保険料を安くする方法ってないの?
お子さん(子供)が自動車免許を取得して車を購入する場合、
自動車保険の加入を検討しますよね。その際、ほとんどの方が
現在加入している自動車保険会社(損害保険会社)に保険料の
見積もりを依頼することと思いますが、

 

その保険料があまりに高額でビックリしませんでしたか?
親の自動車保険料はフルカバー補償で年間4万円〜7万円なのに、
(車種・自動車保険の等級・補償内容等で保険料に違いがでます)
子供(息子・娘)の自動車保険料は、18万円〜35万円!

 

冗談じゃない!3年分の保険料で軽自動車が買えるじゃないか!
どうにかして子供の自動車保険料を安くする方法は無いのかって
考えますよね。ありますよ!保険料を安くする方法!


自動車保険を家族ぐるみで調整すれば半額に!?〜 保険料を安くする方法!

〇自動車保険は家族ぐるみで調整すれば安くなる!
子供の自動車保険料を一番安くする方法は家族ぐるみで調整する事です!

 

例えば、ベテランドライバーのお父さんの自動車保険の等級が20等級であれば、
その等級をお子さん(子供)に譲るという考え方です!どういう事かというと、
お子さんが購入した車をお父さんの自動車保険に車両入替して、
記名被保険者・賠償被保険者(補償の対象となる人)をお子さん(子供)に変更するのです!

 

お父さんの自動車保険から玉突きで吐き出されたお父さんの車で、お父さん自身が自動車保険に
新規加入するのです。40〜50代のお父さんが新規で自動車保険に加入する場合、
18〜20代前半の子供が新規で自動車保険に加入するよりもはるかに安い保険料で加入できます!
これがお子さん(子供)の保険料を安くする方法のカラクリです!

 

上記のように家族ぐるみで子供の保険料を安くする方法を実践した場合、
大雑把な例ですが、お父さんの年間保険料が約6万円〜9万円
お子さん(子供)の自動車保険料が約8万円〜13万円に!

 

子供が普通に新規で自動車保険に加入した場合の親子の保険料合計が約22〜42万円に対し、
約14〜22万円位(約半額)に!なる場合が多々あるのです!
(※あくまでも極端な例です。)

 

子供にあった自動車保険を簡単見積もり!自動車保険 見積もり

保険会社によって保険料は様々〜 子供の自動車保険料を安くする方法!

子供の保険料を安くする方法には上記の他に、補償特約を重複させない事!があります!
例えば、個人賠償特約や、弁護士費用補償特約、ファミリーバイク特約、人身傷害保険の一部特約等は
同居家族の自動車保険1つに付帯されていれば同居親族が補償される場合があるので、
それぞれの自動車保険に付帯する必要はありません!同居親族の契約ししている自動車保険一つに
付帯されていればいいのです。補償内容をしっかり確認して契約しましょう!

 

また、同じような補償内容でも保険会社によって保険料額は様々です!
少なくとも自動車保険会社3〜5社の保険料見積もりをとって検討しましょう。

 

保険会社の代理店任せは危険ですよ!
「親が契約している補償内容で契約して」なんて代理店に依頼すると保険料が高くなるかもしれません!
「お子さん(子供)の保険料を安くする方法」は、代理店任せにせず自らしっかりと調査・検討することです。

インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク