子供の自転車保険

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

子供の自転車の保険 〜 相手(人・財物)に損害を与えた場合の補償

あなたのお子さん(子供)は日頃から自転車を使用していますか?
最近では自転車の人身事故が増えて社会問題化しています!

 

特に中高生の自転車事故が多発しています。
通学の交通手段として自転車を利用する事が多いからだと思います。

 

自転車事故被害者の約3割超が歩行中のお年寄りなんです。
自転車に乗っていて、進路方向に人がいると「チリンチリン」と注意を
促すかもしれませんが歩行中のお年寄りはその音が聞こえづらく、
また、聞こえていたとしても、危機回避のスピードはかなり遅いのです!
そのため、お年寄りと衝突する事故が多発しているのです!

 

お子さんの自転車事故の賠償額が1億円を超える例もあり、自己破産になるケースも出ています。
子供の自転車事故の備えとして、あなたの自動車保険特約の「個人賠償責任保険(特約)」の付帯を
検討してみてはいかがでしょう。

 

「個人賠償責任保険(特約)」は、子供の自転車事故による相手方への補償はもちろん、同様に同居家族も
補償対象になることがほとんど。自転車事故だけでなく、日常生活の突発的・偶然の事故で相手に
損害を与えてしまい、法律上の損害賠償責任が生じた際に、相手に対して補償する特約ということです。

 

「個人賠償責任保険(特約)」をあなたの自動車保険に追加した場合の保険料の追加金額は、
「年間約1,000円程度」なので、もしもの時の為に付帯してはいかがでしょうか。


子供の自転車事故 〜 子供の怪我に対する補償

お子さん(子供)が自転車に乗っていて自動車と接触して事故に遭いケガをしてしまった場合、
子供の怪我に対する補償は、自動車を運転していた人が100%支払うと勘違いしている方が
多くいらっしゃいます。自動車に比べて自転車の方が圧倒的に被害が大きくなるので被害者意識が
強くなってしまう傾向があるからかもしれません。

 

ですが、自動車が直進していて脇道から自転車が飛び出してきて事故に遭うケースが多いのです。
そうなると自動車はなかなか自転車をよけることが出来ません!そんな事故の場合だと、
自動車側より、自転車を運転していたお子さんの事故責任が問われ、自動車側から補償がなく、
逆に自転車側が相手(自動車)に損害賠償しないといけない場合があります。

 

相手への賠償は、あなたの自動車保険に「個人賠償責任保険(特約)」が付帯されていれば
補償される場合があります。それではこの事故で怪我をしたお子さん(子供)に対する補償はどうでしょう。

 

相手の事故責任の割合に応じて相手から賠償もありますが、仮に事故責任が50対50だった場合、
半分は自己負担となってしまいます。そのような場合の為に、あなたや家族が加入している自動車保険の
「人身傷害保険(車外補償特約※保険商品により名称が異なる)」で補償される事があります。

 

この特約は、あなたを含め、同居家族(別居の未婚の子まで補償対象の保険商品もある)が歩行中や
自転車乗車中の自動車事故で怪我などをした場合にも補償されるものです。

 

また、子供(その他同居家族)が自転車に乗っていて自動車相手以外の事故で怪我等を負った場合に
補償する特約を付帯できる保険会社もあるので、代理店担当者や自動車保険のコールセンター等に
確認する事をオススメします。

 

車外事故特約の保険料は年間数百円〜と思われるので、検討してみてはいかがでしょうか?

インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク