自動車保険の補償に子供を追加する(加える)方法

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

自動車保険の補償対象に子供を追加したい!

〇子供が免許を取得したら早めに手続きしよう!

 

お子さんが18歳以上になり自動車免許を取得すると、両親の車を
運転する機会が増えます。今まではお父さんや、お母さんしか運転を
しないので自動車保険も「お父さん、お母さん」のみ補償されるように
補償内容を設定して契約している事と思います。

 

新たに免許を取得したお子さんが車を運転する場合、自動車保険の
補償対象にお子さんを追加(加える)しなければいけません!
お子さんが免許を取得したら早めに手続きしましょう!


自動車保険の補償に子供を追加する(加える)方法

自動車保険の補償に子供を追加する(加える)方法として考えなくてはならないのが、
「運転者範囲」「年齢条件」です。これらの条件にお子さんを当てはめなくてはいけません。

 

一般的な「運転者範囲の設定」として、

  • 本人限定(保険会社によっては設定が出来ない場合があります)
  • 夫婦限定(本人・配偶者限定)
  • 家族限定(同居親族のみか別居の子供まで補償範囲か要確認)
  • 限定なし(友人・知人など他人も補償範囲)

などがあります。(保険会社・保険商品によって運転者範囲設定に違いがあります)

 

また、一般的な「年齢条件」として、

  • 全年齢
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 35以上補償

(年齢条件は同居親族に適用されます。別居の子や他人に年齢条件は適用されません)

 

あなたのお子さんの「年齢」、「同居か別居」かで当てはまる条件に契約内容の変更手続きをしましょう。
例)
あなたのお子さんが19歳で同居している場合、自動車保険の補償対象に追加する(加える)には、

  • 運転者範囲<家族限定>
  • 年齢条件<限定なし>になります。

 

お子さん(子供)ほ補償範囲に追加する(加える)手続きは、
代理店担当者または、カスタマーセンター(コールセンター)で行います。
お子さん(子供)が自動車免許を取得したら、その日のうちに手続きする事をオススメします!
※お子さん自身が新たに車を購入したら、子供の車で、別途、自走車保険への加入が必用となります。

 

補償範囲に子供を追加(加える)したら保険料が高くなる!

例えば、これまで夫婦のみが補償範囲だったのに子供も補償されるように契約内容を変更した!
そうなると、補償範囲が広がるので、もちろん自動車保険料も高くなるでしょう。

 

自動車保険料が高いなぁ〜と感じているのなら、
いま加入している保険会社以外でも保険料の見積もりをとってみてはいかがでしょうか。
同じような補償内容でも保険会社によっては保険料がかなり安くなる場合があります!

 

自動車保険の償内容は細かくて理解しにくいことから代理店任せになりがちですが、
複数の保険会社で見積もりすると、意外にも年間で数万円安くなることもありますよ!

 

保険料で数万円も浮いちゃうと、家族でちょっと豪華な外食だってできちゃいますよね!

インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク