自動車保険料見積もり

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

自動車保険料の見積もり試算について!

〇保険会社によって自動車保険料は違う!?

 

自動車保険を新規で契約する、また、満期のため継続契約する前に
複数の損害保険会社で保険料の見積もり試算をして比較する
ことをオススメします!

 

同じような補償内容であっても、損害保険会社も商売ですから!
保険料に若干差が出てきます。保険料の差とそれぞれの保険会社
のサービス内容を考慮して比較検討したほうがいいでしょう。

 

自動車保険の保険料見積もり試算に必要なもの!

〇自動車保険の見積もりには「車検証」を準備しましょう。

 

一般的に、車名、グレード、型式、初年度登録日などの情報が必用となります。
現在、自動車保険に加入しているのであれば、現在契約している
自動車保険の保険期間、等級、事故の有無の確認も必要です。
保険証券があればいいですね。

 

 

あなたの保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

 

自動車保険の保険料はどうやって決まるのか!?

〇自動車保険の保険料はどのように決まる?

 

< 車両それぞれの型式 >
車には車種・グレードごとに型式というものがあり、型式ごとに
保険料率が決められています。同じ車種でもグレードで型式が
違えば保険料も変わってくることがあります。損害率の高い
事故の多い車(型式)の保険料が高く設定されています。

 

< 記名被保険者(主に車を運転される方)の年齢 >
記名被保険者・賠償被保険者(主に車を運転される方)として
登録する方の年齢によっても保険料が違ってきます。統計上、
事故の多い若年・年配層の保険料が高い傾向にあります。

 

< 運転者範囲 >
例えば、夫婦のみ運転するのか?また、その他の家族、子供、他人も運転するのか?
補償範囲を広げるほど、運転する方の範囲が広がれば広がるほど保険料は高くなります。

 

< 年齢条件 >
年齢条件は登録車両を運転する一番若い方を対象に設定します。例えば、主に運転する方が40代でも、
同居のお子さんも運転するのなら、お子さんの年齢にあわせて年齢条件を設定します。
一般的に年齢条件を低く設定するほど保険料は割高になります。

 

< 各種割増引き >
適用される等級や、現在または以前の自動車保険契約の事故実績や、
各種割引(新車割引・エコカー割引・盗難防止機能付き車両割引、ゴールド免許割引等々)


インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク