車両保険の補償内容とは

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

車両保険の補償内容とは?事故の際に補償されないこともある!

あなたが加入している自動車保険に、車両保険(共済)は付帯していますか?
車両保険とは、あなた自身の車両を補償する保険です。

 

事故で自身の車両に損害が出て修理が必用になった時に補償してくれる
保険なんですが、車両保険をつけると保険料がド〜ンと倍くらいに跳ね
上がってしまうので車両保険なしで契約している方も多くいらっしゃいます。

 

しかし、実際に事故に遭うと自分の車両の修理費も必要になってくるので
注意が必用です。車同士の事故であっても、あなたの車両の損害を
相手方の保険会社が補償してくれるとは限りません。

 

事故には過失割合というものがあり、過失割合によって支払われる保険金が変わる!

過失割合とは、例えば事故の原因を100として、

相手方の事故の責任(割合)が30%と仮定し、
あなたの事故責任が70%だとすると、相手の
損害額の70%(あなたが悪かった分)を
あなたの保険から相手に支払います。

 

また、あなたの損害額の30%(相手が悪かった分)
が相手の保険から支払われます。この場合、
あなたの損害の7割は相手から支払われない
ので、車両保険でまかなうという事になるのです。

 

仮にあなたの損害額が100万円なら、相手から補償してもらえるのは30万円ということになり、
70万円は自身の保険から補償されます。ですので、
車両保険を付けていない場合は修理費70万円は自腹になるということなんです。

 

車両保険の一般補償と限定補償

車両保険には一般補償(フルカバータイプ)と保険料の安い限定補償があります。
(保険会社によって名称が違う場合があります。)

 

限定補償の場合、「自損事故」や「当て逃げ(ぶつけた相手が見つからない場合)」には
補償が無いので注意が必用です。

 

限定補償は、バックで車庫入れの際に擦った!電柱にぶつかった!
このような場合は、一般的に補償はありません!


インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク