搭乗者傷害保険とは

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険をご存知ですか?

 

自動車保険の契約そのほとんどに、
搭乗者傷害保険が付帯されていると思います。

 

搭乗者傷害保険は一般的に、契約している自動車保険に
登録している車両に搭乗中の事故で怪我をしたり死亡・後遺障害を
負ったときに、契約時にあらかじめ設定していた保険金
支払われるものです。

 

最近多い一時払い保険金の場合、定められた治療日数を越えた
場合、怪我の場所や、その症状によって、あらかじめ取り決めていた医療保険金が支払われます。

 

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違い!

例)骨折で治療日数が5日以上になった時点で医療保険金として30万円が支払われる等、
人身傷害保険と補償が似ていますが、人身傷害保険は実損払いなんです。
実損払いとは、損害の額が確定して初めて支払われます。

 

ですので、治療がほぼ終了し医療費が全部でいくらかかったのかが決定して
初めて支払われるのです。

 

人身傷害保険に対して搭乗者傷害保険は部位症状別型がほとんどなので、
怪我等の箇所・症状が確定し一定の治療日数が過ぎれば保険金が支払われます。
人身傷害保険に比べて比較的早い段階で支払われます。

 

ですので事故の際の当座の準備金として利用できるんです。

 

※搭乗者傷害保険の医療保険金は、一時払いでなく、日数払いで設定できる場合もあるので
自動車保険の取り扱い担当者・代理店等でしっかり確認して契約しましょう。


インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク