自転車通学(通勤)事故の保険

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

自転車通学(通勤)で事故に遭った場合に備える保険に加入していますか?

〇自転車通学(通勤)時の事故を補償する保険って?
あなた、又は、あなたのお子さん(子供)は、日常的に
通学・通勤の交通手段で自転車を利用していませんか?
自転車通学(通勤)の事故が多くなっているので注意が必用です!
できれば、自転車通学(通勤)時のまさかの事故に対応した保険に
加入しておく事をオススメします!

 

自転車通学(通勤)時に多い事故は、信号の変わり目に無理に
進行した場合や、信号が青になってすぐに飛び出した際、
また、歩道を走行中の歩行者との接触などがあります!

 

例えば、お子さんが通学中に歩行者と接触して事故相手に怪我を負わせてしまった場合、
お子さんに責任能力が無い場合(学生など)、その責任は親に背負わされてしまいます。


自転車通学(通勤)の事故で相手に怪我をさせてしまった場合!

自転車通学(通勤)時の事故で歩行者にケガ(重症)を負わせてしまい(または、死亡・重度の障害)
多額の賠償責任が発生するケースが増えています!裁判で自転車通学(通勤)時の事故で賠償額が
数千万円〜億単位になる判例が増えています。事故の備えとして保険を検討する方も多いことでしょう。

 

「自転車通学(通勤)事故の保険」を販売している保険会社もあるかもしれませんが、
自転車通学(通勤)の保険に単独で加入すると保険料の負担がなかなかイタイですよね!
そこでオススメなのが、自動車保険の特約として付帯できる「個人賠償責任補償保険」なんです!

個人賠償責任補償保険(特約)のココがすごい!〜自転車通学時の事故補償

〇自動車保険の特約が自転車通学(通勤)時の保険として利用できる!

 

あなたの家庭で自動車保険契約があり、その自動車保険に「個人賠償責任補償保険(特約)」
追加で自転車事故に備える事ができるかもしれません!

 

この「個人賠償責任補償保険」は優れもので、一般的に、日常生活を送る中で、
(もちろん自転車で走行中でも!)突発的・偶然の事故(故意・重過失がない)
で事故相手に損害を与えてしまい、法律上の損害賠償責任が生じた場合に
事故相手の損害を補償する保険なんです。

 

通学(通勤)時の自転車走行中に歩行者等にぶつかって損害を与えてしまった場合、
相手の損害に対して補償してくれます(免責に該当しない場合)

 

補償を追加しても保険料が安い!自動車保険 見積もり

自転車に乗っていて単独で転倒・転んでお子さんがケガをした場合の補償

〇自転車通学(通勤)時の事故でお子さん(子供)がケガをした場合の補償。

 

お子さんが、自転車通学(通勤)時に転んで怪我をした場合の補償ですが、
すでに加入済みの生命保険・傷害保険等で補償されるかもしれません。
事前に補償内容の確認しておきましょう。

 

もしも、通勤・通学時の自転車事故によるケガに対して補償がないのであれば、
あなたが加入している自動車保険の特約として補償をプラスできるかもしれません!
事前に、自動車保険契約の代理店・カスタマーセンタ(コールセンター)に
補償内容を確認しておきましょう。

 

補償を上乗せして保険料が高くなりそう!そう感じたのなら、
複数の自動車保険会社で保険料の見積もりをしてみてはいかが?

インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク