自動車保険の解約と中断証明書発行

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

自動車保険の解約と中断証明書発行

中断証明書を発行すれば保険料を安く抑える事が出来る!?

 

自動車保険を解約する場合、一定の条件が合えば「中断証明書」
発行できます。「中断証明書」を発行しておけば、将来的に車を購入して
自動車保険に加入する際に解約時の等級で契約することができ、
保険料を安く抑えることが出来ます。

 

通常、全くの新規で自動車保険に加入すると「6等級」からのスタートと
なるので7等級以上の等級であれば、中断証明書を発行した方がよい
でしょう。一般的に「中断証明書」の発行には費用は掛かりません。通常、中断証明書(中断特則)は、
同居のご家族も使用可能ですので、将来的にお子さんが自動車保険に加入する際にも利用できます。


中断証明書が発行できる解約時の条件

自動車保険を解約する際に
「中断証明書」を発行するにはいくつかの条件があります。

 

自動車保険の解約日時点で

  • 車両が譲渡済みであること。
  • 廃車や一時抹消済みであること。
  • 車検切れで当分車検を通さない。
  • 海外転勤で契約車両を長期間運転しない。
  • 妊娠により長期間運転しない。

一般的に上記のいずれかの条件に当てはまった場合「中断証明書」の発行が可能のようです!
保険会社によって条件が異なることがあるかもしれませんので、代理店・保険担当者に確認しましょう。

中断証明書は他の保険会社でも使用可能!

将来的に必ずしも同じ保険会社で契約するとは限りませんよね!
一般的に、「中断証明書(中断特則)」は他の保険会社でも使用可能なので、
解約時に発行していても損はありません。

 

現在の中断証明書の有効期限は「10年間」もあるので、10歳のお子さんが
19歳になって自動車保険に加入する際にも使用可能なんですね。
将来的に自動車保険を安く抑える為にも「中断証明書」の発行をオススメします。

インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク