自動車保険(任意保険)と自賠責(強制保険)の違い!

自動車保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり

自動車保険(任意保険)と自賠責(自動車賠償責任保険/強制保険)は別物!

あなたも自動車を運転するのならよく耳にするであろう
自動車保険」と、「自賠責保険(自動車賠償責任保険)
ですが、違いがよくわからないという方が結構いらっしゃいます。
「自動車保険」と、「自賠責保険」について簡単に解説しましょう。

「自賠責保険(自動車損害賠償保険/強制保険)」とは!

「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」は国の法律によって
加入が義務付けられている自動車の保険です。
加入が義務ですので、いわゆる「強制保険」とも呼ばれています。

 

「自賠責保険」の補償は、事故相手(人)に対する保険です。
物損(他人の財物や車両)に対する補償はありません。
事故相手に怪我をさせてしまった(死亡・後遺障害を負わせた)場合
に補償するというものです。ですが、その保険金額は最高でも3,000万円〜4,500万円位なので
自賠責保険で補うことが出来ない部分を民間の自動車保険(任意)保険でカバーするのです。


自動車保険(任意保険)とは?

自動車保険(任意保険)は一般的に、自賠責保険(自動車賠償責任保険)ではカバーできない部分を
補償するものです。事故相手が死亡・後遺障害を負ってしまった場合、その賠償額が億単位になる事も
少なくありません。自賠責保険(強制保険)の保険金額が3,000万円〜4,500万円位なので、
賠償額の半分もまかなえません。足りない補償部分を自動車保険(任意保険)で補うのです。

 

また、自賠責保険(強制保険)では補償のない物損(対物、相手車両)も自動車保険(任意保険)の
対物保険で補うのです。対物事故も事故相手が鉄道や商業施設などの場合、賠償額が億単位に
なる事もあります。対人・対物ともに、もしもの事故の備えとして「無制限」の設定をオススメします!

自動車保険と自賠責保険(強制保険)の両方から保険金が支払われるの?

人身事故の場合、自動車保険(任意保険)からは自賠責保険で支払われる保険金分が差し引かれて
支払われます。事故相手が労災保険の適用を受けた場合、労災保険の保険金分も差し引かれて
支払われます。(保険金が支払われることで得する(利益を得る)ことはありません!)

 

一般的に、自賠責保険(強制保険)だけでは、事故相手に対して十分な補償が出来ない
自動車保険(任意保険)に加入します。そんな自動車保険ですが、そのほとんどが掛け捨てですので
出来るだけ保険料の安い自動車保険に加入したいと思っている方は少なくないと思います。

 

保険会社によっても保険料額は様々ですので、複数の保険会社で保険料の見積もりを取って
検討されることをオススメします。場合によっては保険料に年間数万円もの違いがある事も!

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり


自動車の保険料が年間 5万円安くなる!?自動車保険 見積もり






スポンサードリンク